情報セキュリティ基本方針

丸善 CHI ホールディングス株式会社および当社の事業会社各社(以下、「丸善 CHI ホールディングスグループ」という)のグループビジョンは、最良な知の生成・流通と知的な環境づくりにおいて、革新的な仕組みを創出、提供することであります。そのため、すべての情報資産に対する機密性、完全性、可用性の確保・向上は重要な課題となります。ここに丸善 CHI ホールディングスグループの情報セキュリティ基本方針を定め、これを実施し推進します。

(1) 行動の基本

丸善 CHI ホールディングスグループが自ら保有する情報資産やお客様から預かった情報資産を、事故、犯罪、災害による漏洩、改竄、利用阻害などの脅威から保護し、適切な物理的、電子的、人的諸対策を 講じ、ビジネスの価値を高めることで、社会からの信頼を勝ち得る。

(2) 法令および社会倫理の遵守

丸善 CHI ホールディングスグループは、情報セキュリティに関する法令、その他の規範、ガイドラインおよび契約上のセキュリティ義務を誠実に遵守する。

(3) 自己啓発および啓蒙活動

丸善 CHI ホールディングスグループ内の全ての役員、従業者に対し、情報セキュリティの重要性を充分に認識させ、本方針に関する自己啓発、啓蒙、教育・訓練を継続的に行う。

(4) 管理体制

本方針に従って情報セキュリティに関する活動を継続的に改善、実施していくため、責任と権限を明確に認識し、各部門で情報セキュリティ管理体制を構築する。

2011 年 12 月 1 日制定
丸善CHIホールディングス株式会社
代表取締役社長 中川清貴

ページの先頭へ